タッチパネルデジタルサイネージを自作するためにタッチパネルの方式を調べてみた

Posted on Posted in タブレット、タッチパネル端末, デジタルサイネージ

タッチパネルと言えば、まず思いつくのはスマートフォンだろう。
iphoneやandroidに代表されるスマートフォンは今や携帯出荷台数の大多数を占め、触ったことがあるひとがほとんどだ。

スマートフォンに使われているタッチパネルは静電容量方式と呼ばれるもの(スマホは投影型静電容量方式)で、反応速度が速く・ほこりなどに強い(表面は硬質ガラスとか出しね)などの特徴がある。
けど、手袋とかだと反応しない。表面の電荷の変化を見るので、手袋だと反応しないからだ。

タッチパネルで最も普及している方式は抵抗膜方式と呼ばれるもので、こちらは面全体に電圧をかけておき、押された部分を判別する。やや物理的な判定とも言えるだろうか。
そのため手袋でもいいし、ペンとかでも操作が可能だ。ただし、実際に押すと言う作業なので、みんながぐいぐい押せば寿命が縮まるのは想像に難くない。

普通に使っているもので、手だと反応しないタッチパネルもあると思う。例えば、プリクラの装飾用パネルとかがそうだ。
専用のペンで磁界を変化させて位置を計測するもので、専用器具を使うだけあって誤作動が少ない。そして耐久性もだいたい高い。

ATMやPOS、キオスク系、つまり業務用で多く用いられているものに超音波方式というものもある。
こちらは表面に超音波を飛ばしておいて、触ったらその波形が変わるのでそれで検出すると言うものだ。位置検出に関しては安定的で寿命が長いと言われている。ただし、超音波を吸収できる素材でないと反応しない(ペンとかは無理)、水滴などでも反応が出てしまうなどの短所もある。

最後に光学方式というものも増えているようだ。こちらは近年どこでも見かけるようになったLEDを用いて、触っている位置を検出するものになっている。
センサーを直接触るわけではないので、超音波と同じく耐久性に優れている。ただし、センサー部が表面に出る形になるのでフレームが厚くなる傾向にある。

それにしても色々な方式がタッチパネルにはあるんだなと。
制作コストや耐久性で普及している傾向に違いがあるのだと思うが、今は昔と違って原価が下がるスピードもすごいのでその時々で一番安価で使いやすいものを選んで作った方がよいと思った。
タッチパネルデジタルサイネージにするにはどれがよいか色々と検証していきたい。