タッチパネルデジタルサイネージの普及はいつかな。京都のデジタルサイネージを見て。

Posted on Posted in 未分類

少し仕事で京都に行ってまいりました。
新しくやる事業のテスト設置などを行ってきたついでに関西のデジタルサイネージはどんなものかと目を光らせてきたのです。

結果から言うと関東に比べると駅構内とかもまだまだ感が強くて、観光客向けに何かを発信するデジタルサイネージもあまり多くなかったように思います。
店舗系ではさすがに少し入ってきてはいるものの、タッチパネルデジタルサイネージなどはまだまだこれからというところでしょうか。

JRデジタルサイネージ JR改札内のデジタルサイネージ+看板

JRの方は茨城だった気がする。こちらはさすがに安定感ではないですが、JR東日本管内ではわりと普及させているのではないか?と思うやつです。
どうせなら全部デジタルサイネージで時間別で配信物を変えるなどの運用が合ってもいい気がしますが。それはこれからの課題でしょう。

IMG_8011京都市営地下鉄烏丸の大きなデジタルサイネージ

こちらは京都で見た一番大きなデジタルサイネージかなと思います。
anをやっていましたが、動画だったような。結構大きいので目にはつきました。
やっぱり課題はただ流すだけでどこまでブランディングになるのか、認知はされているのかという測定になるのかもしれません。