写真スライドショーもタッチパネルデジタルサイネージがいい。

Posted on Posted in 未分類

葬儀に参列したときに故人の写真をスライドショーにして流しているものがあった。
街にあふれるデジタルサイネージもポスターを切り替えるようなものが主流だ。

写真であれポスターであれ、1枚より10枚の方が情報量は多く、見ている人も飽きないし、訴求点も多くなるのでデジタルサイネージのメリットを最大限に生かすことができる。

がしかし、10枚だと1枚5秒として50秒待たないと希望の画像が見れないという時間のロスが発生する可能性がある。
人生において1分程度がなんだという話もあると思うが、ぼーっとデジタルサイネージの前でもう一度情報が出てくるのを待つ人をあまり見たことはなく、やはりタイミングがいいときに見せなければリーチはできていないことになる。

これがタッチパネルデジタルサイネージであれば、シュッシュと右左にスワイプさせたり、サムネイルを選択させたりと色々アクションで人の足を止めることができると思うのです。
スワイプとサムネイル。
(信じられないくらい絵が下手)

きっと価格的にできてないだけだと思うので、アソビバは格安タッチパネルデジタルサイネージを普及させると言う目的の元、全ての(意味がある場所だけでいいけど)デジタルサイネージをタッチパネルにしてコンテンツをユーザーが深く見ていけるものを提供していきます。